about

  

                                           

 アトリエ1/4では、

『絵本の中に生きる ひと や どうぶつ と暮らす』

をテーマに、様々な素材を用いてぬいぐるみや

着せ替え人形、アクセサリーを製作しております。

 

使う生地は、国も年代もさまざま。

いろいろな所から集まって来た布地で形を作り、

その上に自由に、伸びやかに刺繍を施しています。

作るのに手間と時間はかかりますが、誰かにとって

特別な存在になるように、ひとつひとつ丁寧に

製作しております。

洋裁アトリエで身に付けた縫製の技術を活かし、

クオリティの高い作品を製作しています。

家のソファに、ベッドの上に。

名前を付けたら一生の友だちになること間違い無し。

一点一点表情の違う作品を是非一度ご覧下さい。

 

波津 あゆ子 /  洋裁家・人形作家

1985年 東京都出身  幼少時をブラジル、日本、

    イタリアで過ごす

2008年 国際基督教大学 教養学部語学科卒業

2009年 文化服装学院 服飾研究科卒業

都内の洋裁アトリエ勤務後、アトリエ1/4 立ち上げ

 

​そして今は 家具屋さん と 一人娘、

三羽の文鳥と暮らしています。

 

 

The concept of  " Atelier 1/4 " is  

" The life with animals and girls in fairy-tales ".

"Atelier 1/4" is a shop name of AYUKO HAZU,

she is a doll / dress maker.

 

Using many kinds of textiles

from around the world, 

and many colors of embroidery threads,

she produces beautiful, exotic and high quality dolls and the other products.

Certainly, It takes mach time

to make one product, but I guarantee

that her dolls will be your good friends.

I hope you enjoy the world of fantastic dolls.

 

Ayuko Hazu

She was originally from Tokyo Japan, and raised in Rio de Janeiro, Tokyo, and Rome.

 After working as dress maker,

she started "Atelier 1/4".

The name of "Atelier 1/4" comes from

the size of her first doll.

That's tall was one quarter 

of a length of a person.

Now she is living in Yokohama Japan,

with husband/wood worker, a daughter,

and three Java sparrows.

 E-mail: ayukohazu@gmail.com